新型うつ病の症状と原因TOP ≫  新型うつ病とは ≫  新型うつ病と人格障害について

新型うつ病と人格障害について

スポンサードリンク
新型うつ病の特徴や症状から見ると、人格障害の方の特徴と似通っているところがあります。

新型うつ病の症状としては、他人を責める、場面場面で気分が抑うつになったりならなかったりする、などの症状があります。

これは非常に自己中心的で子供のような感じがするわけで、このような新型うつ病の特徴をみると、人格障害の方と同様なイメージが想起できます。

人格障害の方も、気分の波が激しく、時には抑うつ状態になるケースも多いですし、自分というものがはっきりしない、自我障害でもありますから、自分の中で問題を処理するということができず、つい他人に対して攻撃的にもなってしまうところがあります。

今のところ新型うつ病が従来のうつ病とは違うものと考えるのか、それとも人格障害と関連性があるのかといったところは、まだ明確にカテゴリーとして分けられているわけではありませんが、もしかしたら新型うつ病というような呼び名ではなく、人格障害の一種になる可能性もないわけではないということになります。

でも決定的にどこが違うという根拠は本当はないのかもしれません。とはいっても新型うつ病は今のところ、診断としてはうつ病の治療に準じているといったところでしょうか。

今後はどうなるかわかりませんね。



スポンサードリンク
Copyright (C) 新型うつ病の症状と原因. All Rights Reserved.
★ここにアクセス解析のコードを貼り付ける★
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。