新型うつ病の症状と原因TOP ≫  新型うつ病の治療 ≫  新型うつ病の薬物治療について

新型うつ病の薬物治療について

スポンサードリンク
うつ病に用いられる薬を抗うつ薬と言いますが、従来型のうつ病の場合には、SSRIや三環型抗うつ薬が有効とされ、脳内のセロトニン分泌の減少を抑え、うつ病の症状に効果的だといわれています。

ただし、新型うつ病の場合には、このような抗うつ薬はあまり効果がないといわれています。

なぜ効果がないのかというと、恐らく脳内物質の影響というよりは、考え方の思考がかなり偏っていて、ちょっとしたことで悪くとらえたりすることから、無気力になったりするのではないかということと、精神的に未熟な部分があり、自我が強いという性格的な部分から、自分にとって好ましくない環境の場合うつ状態になっているからからだと予想されます。

誰でも自分にとって、好ましくない環境の時は、新型のうつ病でなくてもやる気がわかないものです。

でも新型うつ病の場合は、結局ここを乗り切ってそれでもストレスと向き合うだけの思考と精神力がないということなのかもしれません。

単純に脳内物質の影響が強いのであれば、もう少し抗うつ薬を服用すれば効果があるはずです。

ですから新型うつ病には抗うつ薬などの薬物療法よりもカウンセリングなどの、精神療法が有効だとされています。


スポンサードリンク
Copyright (C) 新型うつ病の症状と原因. All Rights Reserved.
★ここにアクセス解析のコードを貼り付ける★
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。